知って得する

水の選び方の基礎知識/ミネラル・カルシウム・マグネシウムについて

更新日:

私たちが日常よく飲んでいるミネラルウォーター。

「ミネラルが入っているから、ミネラルウォーターというのはわかるけど、そもそもミネラルって何だっけ?」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、この「ミネラル」について調べてまとめてみました。

 

ミネラルとは?

ミネラルとは、骨を丈夫にするなど体の組織づくりや、体の調子を整える生理機能の維持・調節に必須の微量栄養素です。

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、私たちの体に必須のミネラルは、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンの13種類とされています。

これらのミネラルは、体の中でつくることができないので、食事などを通じて体内に摂取する必要があります。

ミネラル自体は、たんぱく質や糖質のようにエネルギー源にはならないのですが、大きく分けて以下の3つの働きがあります。

 

ミネラルの働き

1:骨、歯、筋肉、皮膚、臓器の構成成分となる

2:体の調節機能に働く

3:代謝に必要な酵素の働きを助ける

以下、13種類の必須ミネラルの働きです。

名前機能・効果
ナトリウム細胞の浸透圧の調整
血圧を上昇させる
体液のpHの調整
カリウムむくみを解消
塩分の排泄
筋肉の収縮のサポート
高血圧予防
カルシウム骨や歯の強化
高血圧、動脈硬化予防
精神安定
マグネシウム血圧の調整
骨の健康維持
体温の維持
エネルギー生成に関与
リン丈夫な歯や骨の形成
浸透圧の維持
成長促進
血液中での酸素の運搬
免疫機能の維持
造血作用
亜鉛遺伝情報の伝達
細胞の形成
味覚を清浄に保つ
造血作用
コラーゲンの生成に関与
骨や歯の強化
マンガン抗酸化作用
中枢神経の機能に関与
補酵素の一部を構成
ヨウ素甲状腺ホルモンの主成分
セレン抗酸化作用
過酸化脂質の生成抑圧
抗がん作用
クロム糖尿病予防
代謝に関与
高血圧予防
モリブデン尿酸の代謝
鉄の利用効率促進

カルシウムの働き

カルシウムは、体重のおおよそ2%を占めていて、その99%が骨や歯の成分となっています。

そして、残りの1%は血液や体液、神経、筋肉に含まれていて、血液から細胞に運ばれ、生命の維持に重要な役割を果たします。

そのため、カルシウムが不足すると、骨や筋肉、血行にも支障をきたしますし、神経伝達にも影響を及ぼすのでイライラしがちにもなります。

 

マグネシウムの働き

マグネシウムはカルシウムとバランスよく摂取することで、骨や歯を強くしたり、心臓などの循環器系の状態を守る働きがあります。

たとえば、マグネシウムが不足してカルシウムが細胞内で必要以上に増加してしまうと、筋肉の収縮がうまくいかず筋肉痛が起こりやすくなったり、ときには痙攣、ふるえなどの症状が出ることもあるので、バランスよく摂取することが重要です。

ただ、過剰に摂取しすぎると下痢を起こしやすいと言われているので注意が必要です。

関連記事
コンビニで買えるミネラルウォーターの選び方/おすすめの硬水・中硬水も紹介

コンビニで買えるミネラルウォーターは種類も数も豊富です。 その中から、できるだけ体にいいものを飲みたいと思っている人は多いのではないでしょうか。 自分にあったミネラルウォーターを選んで、日々の生活に取 ...

続きを見る

関連記事
水の選び方の基礎知識/硬水・軟水・硬度について理解しよう

水を上手に選ぶために、まず押さえておきたいのは「軟水と硬水の違い」や「水の硬度」についてです。 そこで今回は、水の硬度、軟水、硬水について調べてまとめてみました。   硬度とは 硬度とは、水 ...

続きを見る

執筆・監修

加藤 麻里子
加藤 麻里子
自分の子どもの肌トラブルがキッカケで、アトピー、敏感肌専用のスキンケア製品メーカーにて商品開発を担当。自分と同じようにアトピーの子を持つママの役に立つことが喜び。趣味:ディズニー

-知って得する

Copyright© Hoshinowa , 2019 All Rights Reserved.