知って得する

500円のタバコをコンビニで実質400円で安く買う方法

投稿日:

愛煙家のみなさま、こんにちは。

2018年10月の値上げが記憶に新しいところですが、タバコってどんどん高くなってますよね。

私が吸っているセブンスターも、2018年10月の値上げで、ついに500円になりました。

ちなみに、1998年12月時点で250円だったのが、20年後の今、倍の値段の500円となっています。

今後、2020年10月にも「たばこ税の増税」が予定されているようなので、これからもタバコの値段は上がっていくのでしょうね(とほほ。。。)

 

さて、そんなこんなのタバコですが、ローソンやファミマなどのコンビニで実質20%オフで安く買う方法があるのをご存知でしょうか?

いったんタバコ代金を全額支払う必要はありますが、あとからタバコ代金の20%相当が戻ってくる、そんな方法です。

コンビニで500円のタバコを買ったら、あとから100円戻ってくる。

今回は、その方法についてお話いたします。

PayPayでタバコを買うと最大20%戻ってくるので安くなる

PayPay(ペイペイ)ってご存知ですか?

宮川大輔さんが出演しているテレビコマーシャルが頻繁に流れているので、名前くらいは知っているという人は多いことでしょう。

簡単にいえば、スマホでお買い物(決済)ができるアプリ、それがPayPayです。

このPayPay、2019年5月31日までの期間限定ではありますが、PayPayで買い物をした人に対して、1回の買い物につき最大で20%相当の金額を後日PayPayの残高に戻すというキャンペーンを行っています。

そして、このキャンペーンは、ローソンやファミマなどのコンビニでタバコを買うときにも適用されるので、タバコも実質20%安くなる。

今回の話は、そういう話でございます。

ただし、支払いの設定などによって、還元額が変わってきますので(0~20%)、詳細はPayPay公式サイトにてご確認ください。

PayPayが使えるコンビニエンスストア

なお、セブンイレブンはPayPay加盟店ではないので、PayPayでタバコを買うことができません。

2019年4月現在、PayPayが使えるコンビニは、ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、セイコーマートです。

PayPayの画面上でタバコを実質20%安く買うことができたのを確認

今回は、ローソンでセブンスターをPayPayで買いましたが、画面上にも「PayPay残高付与の処理中」という表示があり、後日、100円が戻ってくることが確認できました。

 

最後に

私も含め、愛煙家の人間にとっては、タバコは、いつも買う生活必需品のようなもの。

いつも買うものは、できるだけ安く。

賢い買い物をしていきたいものですね。

今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

-知って得する

Copyright© Hoshinowa , 2019 All Rights Reserved.