おすすめ 知って得する

ETCマイレージサービスを知らないと損をする!お得でおすすめな理由

更新日:

ETCマイレージサービスをご存知ですか?

ANAマイレージやJALマイレージなどの飛行機に乗るたびにポイントが貯まるサービスは知っている人も多いのですが、高速道路や有料道路を利用するたびにポイントが貯まるETCマイレージサービスのことは知らない人が多いようです。

実際、私もETCカードを使い始めの頃は、このサービスのことを知らなかったので、早めに申し込んでおけばよかったと後悔しています。

今回は、車にETCをつけている方が高速道路や有料道路の割引を受けられる「ETCマイレージサービス」について詳しく紹介いたします。

ETCマイレージサービスとは

ETCマイレージサービスとは、高速道路などの料金をETCで支払ったときに、その金額に応じてポイントが付与されるサービスです。

貯まったポイントは高速道路や有料道路の通行料金として使えるので、ANAやJALなどの航空会社のマイレージサービスのETC版と言えば、わかりやすいかもしれませんね。

ETCマイレージサービスは、クレジットカード会社が提供しているポイントサービスとは別物なので、登録さえしておけばETCを利用するたびに、クレジットカード自体のポイントと、ETCマイレージのポイントが、それぞれ別に貯まっていく仕組みです。

年会費無料で、クレジットカードのポイントも貯まり、それとは別に、ETC割引のためのポイントも貯まっていくので、車にETCをつけたらすぐにでも申し込んでおきたいサービスです。

 

どれくらいお得?割引料金シミュレーション

たとえば、私の妻は、福岡市内の都市高速を週に2~3回利用しますので、毎月平均すると5000円くらいはETCで通行料金を支払っています。

ETCマイレージサービスでは、地域によってポイントの付き方が変わってきますが、福岡の都市高速の場合だと「100円につき1ポイント」加算されますので、毎月5000円の通行料金に対しては、毎月50ポイントづつ貯まっていく計算となります。

ポイントの交換単位も地域によって違いはありますが、福岡都市高速の場合は、100ポイントたまれば100円分の割引を受けれます。

つまり、100円につき1ポイントたまり、1ポイント1円で使えるので、実質1%の割引となるということです。

福岡都市高速の場合

1万円の利用料金に対して100円の割引(還元額1%)

また、たとえば鹿児島に遠出をした場合、九州自動車道(高速)で往復で1万2000円ほど料金がかかるのですが、この場合は「10円につき1ポイント」となるので、1200ポイントが加算されます。

九州自動車道を使う場合は、5000ポイントたまると5000円の割引が受けれますので、5万円使うと5000円割引(実質10%の割引)となります。

九州自動車道の場合

5万円の利用料金に対して5000円の割引(還元額10%)

我が家の場合、帰省や旅行などで車で遠出をすることもあるので、5万円ごとに5000円の割引が受けれるのは嬉しいところです。

地域ごとのポイントの付き方や交換単位などは、のちほど詳しく紹介しますので、ぜひ、あなたもシミュレーションを行ってみてください。

 

ETCマイレージサービスの申込みに必要なもの

ETCマイレージサービスの申込みは、インターネットまたは郵送で行えます。

お申込みはコチラ

 

申込みを行う際、以下の情報が必要となりますので、事前に準備をしておきましょう。

申込みに必要な情報

・お名前

・生年月日

・ご住所

・電話番号

・ETCカード番号および有効期限

・車両番号
(車のナンバープレートの4桁の番号)

・車載器管理番号
(5桁-8桁-6桁の合計19桁の番号)

 

車載機管理番号について

車載器管理番号とは、ETC車載器車載器ごとにメーカーから付番された19桁の識別番号をいいます。

 

車載器管理番号は、ETC車載器をセットアップした際に発行される「ETC車載器セットアップ申込書」に記載されています。

ETCマイレージサービスのお申込み

 

インターネットで申し込み後、約1週間で登録完了のお知らせが郵送で届く

ETCマイレージサービスにインターネットで申込みを行うと、その後約1週間で「登録完了のお知らせ」が郵送で届きます。(郵送申込みの場合は通常2~3週間ほどかかるようです)

同封されている書類には「マイレージID」と「パスワード」が書かれていて、そのIDとパスワードを使うことでETCマイレージサービスの専用ページにログインすることができます。

 

(ETCマイレージサービス会員専用ページ:郵送でIDとパスワードが届けばログインできるようになります)

ETCマイレージサービスでは、ポイントは走行月の翌月20日に付きます。

毎月20日に確認するのが楽しみになりますね♪

以下、ポイントの付き方について、ETCマイレージサービスの公式サイトの情報をもとに解説します。

 

ETCマイレージサービスのポイントの付き方

道路事業者
ポイントの付き方
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社10円につき1ポイント
本州四国連絡高速道路株式会社10円につき1ポイント
阪神高速道路株式会社
(8号京都線のみ対応)
100円につき3ポイント+α
名古屋高速道路公社100円につき1ポイント+α
愛知県道路公社100円につき1ポイント+α
神戸市道路公社50円につき3ポイント+α
広島高速道路公社100円につき1ポイント+α
福岡北九州高速道路公社100円につき1ポイント+α

+α」のある道路事業者では、月間利用額に応じて下表の加算ポイントが付きます。

 

阪神高速道路株式会社の加算ポイント

月間利用額
加算ポイント (100円につき)
10,000円までの部分0ポイント
10,000円を超え、35,000円までの部分3ポイント
35,000円を超え、70,000円までの部分5ポイント
70,000円を超える部分10ポイント

※阪神高速道路では次式の計算によります。

 

愛知県道路公社の加算ポイント

月間利用額
加算ポイント (100円につき)
5,000円までの部分0ポイント
5,000円を超え、10,000円までの部分4ポイント
10,000円を超え、20,000円までの部分8ポイント
20,000円を超え、30,000円までの部分12ポイント
30,000円を超える部分18ポイント

愛知県道路公社の路線は、愛知道路コンセッション株式会社が運営しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

名古屋高速道路公社、福岡北九州高速道路公社、広島高速道路公社の加算ポイント

月間利用額
加算ポイント (100円につき)
5,000円までの部分0ポイント
5,000円を超え、10,000円までの部分3ポイント
10,000円を超え、20,000円までの部分6ポイント
20,000円を超え、30,000円までの部分12ポイント
30,000円を超える部分19ポイント

※福岡北九州高速道路公社では、福岡高速道路の月間利用額及び北九州高速道路の月間利用額のそれぞれに基いて別々に加算ポイントを計算し、その合計したポイント数が付きます。

 

神戸市道路公社の加算ポイント

月間利用額
加算ポイント(50円につき)
10,000円までの部分0ポイント
10,000円を超え、35,000円までの部分3ポイント
35,000円を超え、70,000円までの部分5ポイント
70,000円を超える部分10ポイント

 

ETCマイレージの還元額・ポイントの交換単位

道路事業者
ポイントの交換単位
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社1,000ポイント→500円分
3,000ポイント→2,500円分
5,000ポイント→5,000円分
本州四国連絡高速道路株式会社1,000ポイント→500円分
3,000ポイント→2,500円分
5,000ポイント→5,000円分
阪神高速道路株式会社100ポイント→100円分
名古屋高速道路公社100ポイント→100円分
愛知県道路公社100ポイント→100円分
神戸市道路公社200ポイント→100円分
広島高速道路公社100ポイント→100円分
福岡北九州高速道路公社100ポイント→100円分

愛知県道路公社の路線は、愛知道路コンセッション株式会社が運営しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

私は、ETCをつけて半年以上たってから、このサービスを知りました。

その間、おそらく5万円以上は高速代を使っているので、もし最初から知っていれば5000円以上の割引を受けれたので、ちょっぴり損をしたなと思ってます。

世の中には、知ってると得するサービス、知らないと損すること、けっこうありますね。

今回の記事があなたのお役に立てたなら嬉しい限りです。

ご精読ありがとうございました。

-おすすめ, 知って得する

Copyright© Hoshinowa , 2019 All Rights Reserved.