選び方

葉酸サプリの選び方 | ベルタ葉酸ではなくmiteteを選んだ理由(オーガニックレーベルも検討)

投稿日:

 

妊婦さんと赤ちゃんにとって、とても大事な栄養素である、葉酸。

妊娠に関心がある方なら一度は耳にしたことがあると思いますが、妊娠前から摂り始める必要があることはご存知でしょうか。

私自身、「妊娠したら飲むか考えよう」程度の認識でしたが、妊活を意識し始めたころ何気なくネットで葉酸について検索してこのことを知り、すぐに飲み始めました。

なぜ妊娠前から必要なのか、また数ある商品の中から自分に合ったサプリ選びのポイントをお伝えしたいと思います。

妊娠してからでは遅い?!摂取開始のタイミング

厚生労働省も、“妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性は神経管閉鎖障害リスク低減のため”葉酸摂取をすすめています。

妊娠初期は、胎児の細胞分裂が盛んに行われます。神経管は妊娠6週頃までに完成され、他にも多くの器官が、8週頃までにおおかた完成してしまうそうです。

妊娠直後から約10週目までの間に十分な葉酸が母体にないと先天性異常リスクが高まることが分かっています。

しかし、妊娠検査薬が使えるのは一般的に妊娠5週目から。

予定外の妊娠だと気付けばすでに3か月!なんてことも・・・

妊娠に気付けない時期から必要となりますので、「妊娠してから」ではなく、ぜひ妊活中から葉酸サプリを飲み始めましょう。他にも、貧血の予防や美肌等、女性に嬉しい効果もありますよ。

少なくとも妊娠の1か月前~妊娠後3か月はサプリメントで葉酸を摂取することをお勧めします。

 

 

葉酸サプリ選びのポイント

一口に葉酸サプリといっても、はじめは商品が多すぎてどれを選んでいいか分かりませんでした。商品の特徴も各メーカーで様々です。

まずは、身体に良さそうなイメージから“オーガニック”等をキーワードに、自然派の商品を中心に検討していたのですがネットで色々と調べていくうち、私はそれらの商品は購入を見送りました。葉酸ならなんでもいいってわけではなかったのです!

では、どういった商品を購入したのか。

最終的に商品選びの参考にした以下のポイントと一緒にご紹介します。

  • 葉酸の種類(天然葉酸か合成葉酸か)
  • 価格
  • 配合されている栄養素
  • 信頼できる管理体制のもと製造されているか
  • 飲みやすさ

天然葉酸か、合成葉酸か

サプリメントに使われる葉酸には、ポリグルタミン酸型(天然葉酸)とモノグルタミン酸型(合成葉酸)があり、厚生省が推奨しているのは合成葉酸です。

厚生労働省は、通常の食事からの摂取に加え1日に400μgの合成葉酸の摂取を推奨しています。天然葉酸によって胎児の先天性障害のリスクを軽減したというデータはないそうです。仮に天然葉酸で摂取する場合、天然葉酸は吸収率が約50%と低いため、倍の800μgが必要となります。

はじめは、とにかく自然派(天然葉酸)にこだわって検討していたのですがこのことを知ってから合成葉酸の商品を探すことにしました。

サプリを買う前に、含まれている葉酸がどちらのタイプか、必要量が摂取できるかを確認する必要があります。

 

続けやすい価格かどうか

葉酸は、妊活中から授乳期まで長い期間必要となる栄養素の為、続けやすい価格かどうかも重要です。

定期購買等、割引のある商品もあり上手に活用すればお得ですが、定期便は購入回数の制限もある場合がありますので購入前に確認しておくと良いでしょう。

妊娠・出産となるとこれから色々と出費が増えるので、予算は3,000円/月を予定していましたが、もっと抑えられるのであればそれに越したことはないと思っていました。

 

葉酸の他に必要な栄養素が配合されているかどうか

妊娠中は、葉酸をはじめビタミン・ミネラル等様々な栄養素が必要になります。特に鉄分やカルシウムは不足しがちです。

また、着色料・合成香料・添加物やよくわからない抽出物などは出来るだけ避けたい成分です。

葉酸が摂れる量自体は基準もあるため、各商品あまり差がありません。中にはコラーゲンやプラセンタなどの美容成分やマカ、DHAなどサプリメントに含まれている栄養素には各メーカーでそれぞれ特徴があるので商品選びの大きなポイントになります。

私は、妊娠に必要な栄養素さえ摂れればいいと考えていたので美容成分などは特に重要とは感じませんでした。

 

信頼できる管理体制のもと製造されているか

お腹の赤ちゃんにとって大切な時期だからこそ、いつも以上に口にするものについての品質も気になりますよね。

品質管理基準のひとつに、「GMP(Good Manufacturing Practice=適正製造規範)」というものがあります。“原料の入庫から製造出荷までの全ての過程で安全に作られ、一定の品質が保たれるよう”に定められた規則とシステムです。

品質の良し悪しの判断は難しいので、この基準を満たしているかどうかも購入の参考にしました。

 

毎日のことだから飲みやすさも大事

妊娠中は、においや味にも敏感になりやすい時期です。

特に妊娠初期はつわりがひどい場合もあり、飲みたくてもなかなか飲めない方も。

サプリメントの形状は飲みやすさを左右しますので、におい・味・大きさ等も調べておくと安心です。

 

実際に購入した葉酸サプリとおすすめポイント

私が妊活中~授乳期まで服用した商品は以下の一つでした。

 

mitete 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ/株式会社AFC

 

モノグルタミン酸型(合成葉酸)

1個(30日分)で1,800円+税と圧倒的なコスパに定評があります。価格は他社製品の約半額です。

3個セットで10%オフになるのと、楽天で購入できるので私はいつもお買い物マラソン時にまとめ買いしていました。楽天ポイントも貯まってさらにお得です。

ちなみに、商品の配達については、約3日後にゆうパックで届いていました。

葉酸の他に、カルシウム・鉄・8種のビタミン・4種のミネラルを配合し、合成着色料・香料・保存料は不使用です。含まれる成分は、他社製品と比べると多くはありませんが、私は十分だと思いました。

GPMの認定を受けた国内の工場で厳重な品質管理、衛生管理のもと、最終梱包まで一貫して行っており、原材料・配合量・最終加工国・品質試験成績も公開。

また、放射線セシウムスクリーニング検査を実施し、加えてすべて国の定める安全基準値以下であることを保証していて安心です。

粒の大きさは、9mmの商品が多い中こちらは8mmと小さめで、ニオイも私は全く気にならず、飲みやすかったです。

 

購入決定までに比較した商品

何種類もの葉酸サプリを比較して自分なりに納得のいく、前項の商品を購入しました。

どんな風に比較検討したのか、少しご紹介したいと思います。

 

オーガニックレーベルの葉酸/株式会社ミーロード

天然原料100%

第三者機関にて残能検査・放射線検査を実施

100%天然由来、完全無添加処方で人気のサプリメントで、身体に良さそうなイメージから気になった商品です。

ただ、マカやアマチャヅル等いつくかの成分は妊娠中服用するにはちょっと心配な成分もあり購入を見送りました。

過剰摂取に配慮して配合してるとのことですが、不安な方は控えた方がよいかもしれません。

妊活中のサプリメントとしてはおすすめだと思います。

 

ベルタ葉酸サプリ/株式会社ビーボ

酵母葉酸100%

妊活・妊娠中に必要な栄養素を高配合。さらにヒアルロン酸やプラセンタ等、6種の美容成分を配合。

有名人も愛飲している人気商品で色々なサイトで目にし、気になりました。

酵母葉酸とは、合成葉酸を酵母に取り込まれることで、酵母の出す酵素の働きで合成葉酸を増殖させたものだそうです。メリットは吸収率の良さ、デメリットは高コストになることのようです。

吸収率が高いとはいえ酵母葉酸の有用性はわかりませんし、イメージ的に特にプラセンタに抵抗を感じました。

また、価格面や「飲みづらかった」という口コミを見て購入を見送りましたが、妊娠中は肌の乾燥も気になりますし、少し割高でもよくて美容成分等に魅力を感じる方にはいい商品かもしれません。

葉酸サプリを探していて個人的に感じたのは、購入前の下調べが重要だということです。

各商品様々な成分配合を謳っていますが、口にするものに気を付けたい時期ですよね。

身体に良いからといっても摂り過ぎは良くないはずだし、なにより本来の目的は、赤ちゃんの為の「葉酸摂取」です。

後悔しないよう、購入前にしっかり下調べをして自分に合ったサプリを見つけてください。

私は手軽さから、miteteの葉酸サプリを選びましたが、シンプルに葉酸のみが摂れるサプリ+必要なビタミン剤という選択肢も自分に合ったカスタマイズが出来ていいと思います。

足りない栄養素を主治医の先生に相談しながら追加していくと安心ですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

葉酸摂取は、手軽に始められ、とても大切な妊活の一つだと思います。

全ての栄養素を食事のみで補おうとすると大変ですが、納得のいくサプリメントを味方につけて赤ちゃんの成長を見守っていきましょう♪

 

執筆・監修

加藤 麻里子
加藤 麻里子
自分の子どもの肌トラブルがキッカケで、アトピー、敏感肌専用のスキンケア製品メーカーにて商品開発を担当。自分と同じようにアトピーの子を持つママの役に立つことが喜び。趣味:ディズニー

-選び方

Copyright© Hoshinowa , 2019 All Rights Reserved.