知って得する

地方から子連れの家族旅行でディズニーランドを120%楽しむ回り方のコツ

投稿日:

地方に住んでいると滅多に行けないディズニーランド。

せっかく家族旅行で行くなら、満喫して思い出いっぱい作りたい!

「でも、何時間も並ぶのなんてざらっていうし、うちの子供はおとなしくできるかな・・・」

「どうしたら子連れでも1日満喫して楽しめるのかしら?」

「どんな回り方をすればいいの?コツは?」

そんな疑問や不安をお持ちのあなたのために、九州に住んでいる私が、子連れの家族旅行でディズニーランドを1日フルに満喫した方法や、アトラクションなどの回り方のコツをお伝えします。

ディズニーランドの楽しみ方を事前に理解して、欲張らずに目的を絞るのがコツ

私が、はじめて家族でディズニーランドに行ったのは、東京旅行のついで、突発的なものでした。

いきなり思いつきで行った私たち家族は、ディズニーランドについて下調べをしてなかったので、どうすれば楽しめるかがわからず、ポカンと時間だけが過ぎてしまい、とても悔しい思いをしました。

その経験がどうしても悔しくて、「絶対、次はディズニーランドを満喫する!」と、まさにリベンジのつもりで(笑)研究に研究を重ねたのですが、そうしていくうちにわかった重要なポイントが2つあります。

・満喫するためには「どんな楽しみ方があるか全体像を理解すること」が大切

・1日で回り切れないから、欲張らずに目的を絞ることが大切

地方からディズニーランドに行く人にとって、特に重要なのは2つめのポイント。

なかなか行くことができないだけに、ついつい欲張って、あれもこれもと計画に入れてしまいがちですが、広大なディズニーランドを1日で回りきることは当然不可能です。

最初の私たち家族のように、楽しみ方すらわからずポカンと時間だけが過ぎるのは論外ですが、欲張りすぎると疲れてイライラすることにもなりかねませんので、しっかり目的を絞って計画するようにしましょう。

 

「子どもといく東京ディズニーランドナビガイド」でどんな楽しみ方があるかを理解する

ディズニーランドの楽しみ方の全体像を理解するために、とても役立ったのが「子どもといく東京ディズニーランドナビガイド」という本です。

私はAmazonで購入しましたが、楽天ブックスや書店などでも買うことができます。

「子どもといく東京ディズニーランドナビガイド」には、「0~2歳におすすめ」「3~4歳におすすめ」「5~6歳におすすめ」「7歳以上におすすめ」というように、子どもの年齢にあわせた楽しみ方も書かれているので、とても参考になりました。

 

ディズニーランドの楽しみ方 | 子供の年齢別

参考までに、「子どもといく東京ディズニーランドナビガイド」に書かれていた「子供の年齢別プラン」を一部引用して掲載しておきます。

0~2歳におすすめのアトラクション

・ミッキーの家とミート・ミッキー

・ウッドチャック・グリーティングトレイル

・蒸気船マークトウェイン号

・レッツ・パーティグラ!

・ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション

3~4歳におすすめのアトラクション

・イッツ・ア・スモールワールド

・ピーターパン空の旅

・プーさんのハニーハント

・ドリーミング・アップ!

・アリスのティーパーティ

5~6歳におすすめのアトラクション

・モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”

・バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

・ガジェットのゴーコースター

・トムソーヤ島いかだ

・ウエスタンランド・シューティングギャラリー

・Celebrate!Tokyo Disneyland

7歳以上におすすめのアトラクション

・ビッグサンダー・マウンテン

・スプラッシュ・マウンテン

・ホーンテッドマンション

・スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

・スペース・マウンテン

・東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ

 

ディズニーランドの楽しみ方 | 目的別

ひとことでディズニーランドと言っても、いろんな楽しみ方があります。

たとえば、

・乗り物に乗る

・ハラハラドキドキなスリルを楽しむ

・キャラクターに会う

・パレードを見る

・非日常的な雰囲気を楽しむ

・感動的な体験をする

・おみやげ・グッズの買い物をする

・食事を楽しむ

というように、楽しみ方を目的別で考えることもできるでしょう。

計画を立てるときに、「今回のメインは乗り物にたくさん乗ること!」というように、あらかじめ目的を絞っておけば、その目的にそって下調べができるので、時間を無駄にすることがなくなります。

まず、目的を明確にして、その後、乗り物やアトラクション、レストランやショップの情報などを、それぞれディズニーランドの公式サイトなどで下調べを行うのが、効率よく計画を立てるコツです。

 

地方から子連れの家族旅行でディズニーランドを楽しむために、おさえておくべき11個のポイント

ここからは、地方から子連れの家族旅行でディズニーランドに行くときに、事前におさえておくべきポイントを紹介します。

 

1:ディズニー待ち時間アプリを事前に入手しておく

ディズニーに行くまでに、乗りたい乗り物やアトラクションの待ち時間をなんとなく把握しておきます。そうすることで、どこに1番に行ってどこだと空いているので効率よく回れるのかがイメージつきやすくなります。

 

2:近場のホテルにする

ディズニーホテルに宿泊すると15分前に入場できたり、時間帯指定なく*ファストパスチケットが使えたりするプランがあるので、金銭的に余裕があるのであれば、絶対ディズニーホテルの宿泊をオススメします^^

人気のシーズンはすぐに予約満席になってしまいますのでできるだけ早めの予約をオススメします。

(*ファストパスとは優先的にアトラクションに乗れる無料チケットです)

 

3:ディズニーパークチケットを事前に購入しておく

ホテルのプランについていることもありますが、ついていなければ先にチケットを購入しておきます。

ディズニーリゾートでは、パークチケットを購入する列と開園前に入場を待つ列が別々になっています。

そのため、パークチケットを先に購入しておくことで2回並ばなくて良くなります。

 

参考

パークチケット購入方法
https://www.tokyodisneyresort.jp/ticket/purchase.html

 

4:キャラクターに会えるレストランを事前に予約する

特にミッキーやミニーなどの人気キャラクターはいつも人だかりで会うのにも何時間も並ばないといけないことがあるので、レストランなどでついでに会える機会を設けることで効率的にキャラクターと触れ合うことができます。

人気のある日は予約開始日からすでに満席状態になりやすいのですが、お昼やディナーの人気時間をずらしてお昼だったら10時半とか、14時間半、15時だと予約も取れやすいので狙い目です。

 

参考

プライオリティ・シーティング(レストランの事前受付)
https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/guide/priorityseating.html

 

5:開場時間1時間以上余裕をもって到着

人気のシーズン(ゴールデンウィークやハロウィンシーズンなど)入場制限がかかることがありますが、朝一から行けばほぼ入れます。どうしても朝一から行けない時は祝日や休日を避ける日を選んだ方が良いと思います。

 

6:一番乗りたい、または、ファストパスが早くなくなりやすいアトラクションのファストパスから優先的に取っていく

(※ファストパス があるアトラクションとないアトラクションがあるので、事前に「子連れでも楽しめるディズニーナビガイド」を見て確認しておく)

人気のアトラクションはファストパスが早くなくなってしまい、人気のファストパスほど次のファストパスが取れる時間が長くなってしまいます。

ファストパスはパークチケットが必要なので、代表者にパークチケットを人数分預けて代表者はそのままダッシュしてアトラクションのファストパス発券機へ。(事前に購入した「子連れでも楽しめるディズニーナビガイド」を見てなんとなくの場所を把握しておく)

 

7:ファストパスを取りに行っている間に、他の家族は待ち時間が短いアトラクションに並ぶか、エントランスにキャラクターがいたりするので写真を撮って楽しむ。

ファストパスの時間を見ながら違うアトラクションの待ち時間との兼ね合いをみてアトラクションを楽しんでいきます。

小さいおこさんでも楽しめ、大人でも楽しめるにオススメなアトラクションとしては

・プーさんのハニーハント(ファストパス)

・ミッキーのフィルハーマジック

・イッツアスモールワールド

・モンスターズインク ライド&ゴーシーク(ファストパス)

・バズライトイヤーのアストロブラスター ..(ファストパス)

・ホーンテッドマンション(ファストパス)

などがあります。

 

8:軽食を食べておく

事前のレストランの時間をずらして予約した方はちょこちょこ軽食をとっておくのがオススメ。

結構パーク内は広いので体力を使ってお腹が減ります。体力維持のためにも軽食をちょこちょことっておきましょう。

 

9:ショーの抽選に行っておく

「ワンマンズ・ドリームⅡ ザ・マジック・リブズ・オン」や「ワンス・アポン・ア・タイム」は、とても感動するので、ぜひ見ることをオススメします!

抽選で指定席が取れるので、あらかじめ抽選に行っておきましょう。

 

10:お土産は混雑する前に買ってロッカーに預けておく

閉園近くになると、お土産を買って帰ろうとする人が多いので、どうしても混雑します。

おすすめは、午前中にお土産を買っておいて、ロッカーに預けておくことです。

 

11:パレードは立ち見する

エレクト二カルパレードはプーさんのハニーハントの横から出てきますので、プーさんのハニーハントに19:30前後に並びながら見るとよく見えます。

ホーンテッドマンションの横へ帰っていくので、ホーンテッドマンションに並びながらでも見ることができます。

パレードの時間帯はアトラクションの待ち時間が少し減るので、待ち時間を利用してパレードを見ることで、アトラクションにも早めに乗れるし、待ってる時もパレードが楽しめて一石二鳥です。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は、地方から東京ディズニーランドに行くときに、子連れの家族でも満喫できる方法やコツをいくつか紹介しました。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

執筆・監修

加藤 麻里子
加藤 麻里子
自分の子どもの肌トラブルがキッカケで、アトピー、敏感肌専用のスキンケア製品メーカーにて商品開発を担当。自分と同じようにアトピーの子を持つママの役に立つことが喜び。趣味:ディズニー

-知って得する

Copyright© Hoshinowa , 2019 All Rights Reserved.